スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は、少しの油断で、何倍もの努力を要するのだ。

2009-04-26 | 23:36

最近、本当に気候の変化が激しいですよね

それによって、
最低限 しなくてはならない
「日常業務」は、家事も含めてしておりますが、

それが、

・イヤイヤ
・シブシブなのか

・まあ、何となく気分よくできるか

によって、疲労度は変わってきます

木曜日に、その前日か当日か何かに
某アイドルグループの誰それが

六本木の公園で、すっぽんぽんで
叫んでいたと。

それなら、まだしも
おまわりさんの静止を振り切り、
送検されたとの事で

・34歳の男として、許される行為なのか?

・酔っ払いのするだから、許してあげなよ

という事なのか、意見が別れましたが、

いかんせん、有名人の場合は、

CMのキャラクターになっていたら、
イメージが損なわれますし、違約金云々という
損害賠償にも該当しますから、皆さん、夫婦でも
そのCMが終わってからの離婚されるのに(爆)

今回は、痛かったですね

それで、彼は、復帰できるのか?という
話ですが、

復帰はできても、かなりの謹慎時間も
要するはずですし、第一 アイドルグループとして
どうなのかなぁ・・・・。

と、このように、

民間人であっても、
このような事があれば、何らかのペナルティは
うけますし、

人生、少しの油断で、どう道が曲がってしまうか
怖いなぁ~というのが、感想です。

つまらない単調な毎日・・・・と思いがちですが、
それを死守することが、「生きる」という事なのでは
ないかと、思いますね。

それで、地デジのポスターを誰かが
加工したのでしょう。

とても、ここには出せない画像が
中学の連れから一斉メールで来て
爆笑して、アチコチに添付送信して笑い転げて
いましたら、バチがあたったのか、

金曜日の朝
娘が高熱を出しまして、医者に行き
おとなしく看病しました。

夜には、子供会の会合に行って

「勘弁してくれよ~」と、いう思いが
体に噴出したのか、はたまた大雨が体に影響したのか

頭の先から、両肩・足先まで
ズシーッと、奈落の底に落ちるような感覚を
初めて味わいまして、飯炊き以外は
寝たきりでした。

そして、日曜日。

どうなるかと心配していましたが、
今日は、元気に過ごすことができ、ホッとしました。

家族がいると、大掃除ができず
私のイライラが募りますので

明日からが、勝負ですね。

ただ、GW中も、埋まっているので
こちらの思うようには、運ばないです。

明日の夜も、ソフトボールの準備に
借り出されるし。嫌なんだけど。仕方ないな。

来ない人は、それで済むのに・・・・。ムッとしちゃうな。

Theme : 日々の暮らし
Genre : ライフ

他人の人生も自分の生き方も口は挟めない

2009-04-22 | 23:59

今日は、冷蔵庫の中身も尽きましたし、ドラッグストアと併設しているスーパーのチラシで12時まで激安の「アルカリイオン水」を6本ゲットすべく 5分前に乗り込んで 1回精算し 再度買い物をしたりと大忙しでした
もちろん、洗濯もしましたし。でも「整理整頓」がダメなんだよねぇ

さて、テレビで不妊治療に取り組んでいる番組を見ました。お友達が、何組か同様の経験をされ 「こんな事に高額の金を遣うのはやめよう」とのダンナの発言と原因がわかり断念した方々、10年以上 中断期間はあるものの 見事40前にママになった方もいます。
結婚しても、大人だけの生活を謳歌して仕事しようとしていた誰かさんは、あっという間に妊娠し、娘に背が抜かれそうだとか しみったれた生活しているし どうなるか分かりません。

その選択は、必ずしも叶うわけでもないし 予定通りに運ぶものではないけれども、おかれた状況で「自分の大切な何か」を見つけ続ける事が「永遠のテーマ」なのではないかなぁ。世間からの圧力と身体的なリミットが出産にはあるので、特に女性の心理的負担は推察できますが、夫婦本体がぐらついているところに 子供ができたとしても 決してかすがい にはならない というのが私の主観です。

とかく
隣の芝生は青く見えますが、幸せを感じる尺度は 結局は自分が丁寧に時間を過ごす事で決まるんでしょうね(*^ー^)ノ

アンチエイジングの極意とは?

2009-04-21 | 23:36

今日は、朝から嵐のような風が吹いて 結構荒れた天候でしたので、心配しました

当然
洗濯はできなかったし、それは良しとしても 昨日 美容院に行ったら 床屋のオッサンみたいな人にバッシバッシにザクザク髪を切られ、顔が急にむき出しになり しばらく公の場には最小限にしか出ないでおこうと誓いました

最近
目が落ちくぼんできた気がして 一気に老けるのではないかと心配しています。
年相応に老けていくのは仕方ないですが、一気にくるのは困りますねぇ。

あとは、体も疲れやすくなったり 代謝も悪くなりますから「細く長く続けられるもの」を取り入れて 努力しないとねまあ、年齢が年齢なので 貴金属もパッチもんはつけられないから 先日も衝動買いしたし 開運目指して 掃除と自分のメンテ そして娘にニキビが出始め 彼女は、これからが成長期ですから私のように崩れないように 彼女専用の基礎化粧品もESSでそろえる予定です(爆)
やはり!
パパウォッシュの酵素洗顔と、化粧水シートが回復の早道
何事も1日にしてならず。頑張らなければ(^-^)ノ~~

今日は、亡き父の5回目の命日。

2009-04-11 | 23:47

今日は、ちょうど5年前に亡くなった
私の父の命日でしたので、家族総出で
墓参りに行ってまいりました(^^)v

私の父は、40歳を境に
家系的に、高血圧でしてし、あの時代は
「徹夜マージャン」の流行った時代でもありましたので、

元々 賭け事の大好きな父親でしたので
遊びつくしていましたら、体にガタが来て、

1度体にメスを入れると、今のように
医療が発達していたわけではないので、
次から次へと 病気のデパートのように
なってしまった人でした。

胃潰瘍・結核・脳梗塞2回の挙句
人工透析8年?で、最後は認知証の軽度の症状も伴い
全く動けない1年を過ごし、足先も、血流が行かず
腐ってきて、切断を何度も迫られていたので
家族としても、亡くなってホッとした最期でした。

ただ、最期は、母と交代で
「いよいよ 危ないから」と言われ、車を飛ばして
駆けつけたら、落ち着いた との事で、我々家族と
母と交代で、メシを食べに行っている間に亡くなっていたので

最期の最期には、立ち会えませんでした(苦笑)

まあ、本人が一番辛かったはずなので
良かったのではないかと思います。
療養型の病院で、最期の2ヶ月は、良くして頂いたので。

hakamairi1

墓参りの後は、
ブロンコビリー(ステーキハウス)が近所ですので
たらふく食べまして、娘を塾に送り込む前に
散りつく桜を見ながら、寄り道して

帰宅して、洗濯してから 
3時間くらい爆睡したので、夜は元気に過ごしています♪

やっぱり、桜の季節は、今年は特に
花粉がきついので、色々と薬から縁が切れませんし、
黄砂の加減で、車は汚れるしで

私の怒りも頂点に達しつつありますが
根気に掃除するしかないでしようね。

(私は、結構掃除だけは、神経質にするのです)(苦笑)

とにかく、春といっても、
真夏並の暑さで体調を崩しがちですが、

今年の異常な花粉量がおさまったら、
楽しく過ごせるように、少しずつ体も慣れさせていきましょう。

Theme : 今日の出来事。
Genre : 日記

最終学年のメンバーは、最高で幸せ♪

2009-04-07 | 23:43

今日は、いわゆる
「始業式」でした♪

実質は、早いのか 遅いのか
親は、その都度その都度が

特に母親の場合、育児に関しては
初めての経験の場合が多く、しかも

最初で最後の子 でしたら、
経験値も、3人4人産んでいる大御所とは
違いますので、全てがはじめての事で
精一杯に過ごしてきたので、全く昔の事が
思い出せないくらいです。

それで、やっと小6まで
育ったわけですが、最終学年になると
1年生を手をひいて連れて行かねばならなく
なったり、分団長になったり、

母親の私も、くそ暑いのに、ソフトの
試合に立ち会ったり、しょぼい地域の行事に
日曜日に参加したり、夏休みは、ラジオ体操に
いそしんだりしなくてはならず、

この1年は、結構大変そうですわ。(T_T)

バタバタと過ごして

実質 金曜日から、入学式の手伝い・
入学式と出席し、3日からは学校に通っていた
娘ですが、クラス替えの発表は今日だったんですね!

これは、親にとっても、重大なことで

いつもの飲み友達の子供たちと一緒になるか
ならないか が、一番のカギとなります。

過去5年間 ほぼ空振りに
終わっていたのですが、今年は!!

すーーーーべて
「ワッルーそうなガキだなぁ!!」と評判の
高学年女児が、もう1つの男性の先生のところに
吸い取られて、平穏無事な娘と仲の良い子供達で
固められ、親同士も当然仲が良いので

「今年は、宜しく」と一斉メールをしたら

「また、のもうね」と返信が来て、
ホッとしました。

娘の安全が第一ですから。

「この子と別のクラスにしてください」といわれる子は
殆どの子が言うので、クラスが成り立たないと
言われ、男の先生とワンセットと言われていました。

それで、娘に
「○○つきの誰それ先生と、○○のいない
別の先生、どっちがいい?」ときくと

「○○は、もういい」と話していたので
願いがかない、ホッとしました。

全てにおいて、奇跡に近いクリアーな
結果でしたので、つつがなく1年を終えられることを
祈りつつ、今日も塾に送迎しました。

塾も、本当に面倒見が良くて、
力の拮抗した子と、塾外でも
自習室の時間に、問題を出して競わせていた
いわゆる「特別料金なしのご厚意の授業」だったのに、

相手の男の子の親が
いつも、うちの子に負けてしまうからか

「うちの子供だけをみてください。
よその女の子は、どうでもいいんです」と
暴言を吐いたらしく

塾としては、
「全員が、できる限り第一志望に
合格させたいから」と伝えても、

怒り狂って、辞めたそうで、
「これで、Nちゃんだけの特別授業が
できるようになりました」と電話があり、

まさにタナボタ?で、ここまで丁寧に
世話になって、娘も先生が大好きで
私も先生の人間性に感心し、いいのかなぁ~と
思いながら、生活しています。

年度末は、この世の終わりが
いよいよ近づいたかと思いましたが、

ガツンと私も立ち上がって、次々に
手を打ったので、運が一気に向いてきました。

神に感謝ですよ(●^o^●)

ダンナの後厄と、私と娘の大殺界の最終年が
ぬけられるから、来年早々 春がくるかも!?(苦笑)

Theme : 子供の行事・季節の行事
Genre : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。