スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役人の考えることはさ~

2009-04-01 | 23:53

全く今年は例年と異なり、良い意味でも悪い意味でも「イレギュラーな春休み」だった事には変わりないのですが、起きたことは仕方ないので、かつ 収穫の大きい出来事もあったので 新年度開始の今日は、大掃除に励み タンスの入れ替えもして 仕事は先週に出した書類が週末に来るだろうから年度更新に奔走かなぁ(爆)

21年から労災保険料率は変わるし、雇用保険も今年度に限り下がるから注意が必要です

提出時期も、料率を見れば建設業の減率が かなり激しいので景気を鑑みての事かもしれませんが、なんで算定とかぶるかなぁ~アホちゃうかって感じですが、事務組合がらみですと、明日あたりから書類が届くので随時片付けます

一番怒っているのは、3月末締めの退職者のみを対象とした離職票の6ヶ月扱いだよ

役人は、中小・零細の実態を知らんなぁと怒りまくりですよ。社労士でしたら、圧倒的に20日締め、25日締めが多いことは常識的に知ってて 救済すべきはここのゾーンだろうという感じなのに、あほか!と下手したら基礎日数が足りなくなった場合は、1人につき2枚に渡って離職票書いてます。やっぱり お大臣には庶民の把握は無理。もっと外の声を聞くべきだわと ここんとこ ずっとイライラしている私なのであります。

住宅ローンの借り換えにも連れからの情報で奔走し、これは かなりの得なので連れには感謝してます
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。