スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日からのパラダイスに乾杯!

2009-03-04 | 23:32

いやぁ つくづく 心の病 というものは、治療が難しいんだなぁ~と、先日のNHKの特集を見て考えさせられた部分も多々あったのですが、うちのダンナも明日から2週間「みたて入院」という形で、私の昔の上司が一生懸命励ましてくれて 紹介してくれたドクターの首都圏の病院に入院決定となりました(^-^)/

今、定期的に受診しているクリニックも、あのテレビに出ていたように何十種類も薬を乱発するようなドクターではありませんが、4年弱も通っているのに確実に快方に向かっている様子はなく、ある日突然 家でパタンと倒れて 飯は食わん・トイレにも行かん・声かけにも反応しない・耳栓をするなどの行動に出るか、復活して職場に行ったと思えば 真夏以降は自粛したにせよ 飲んだらグルグル名城線を周り続けて家の反対側の駅から歩いてきたり、職場で余程耐え難き事を言われたにせよ 上司と喧嘩して早帰りしたりと段々 行動と言動が壊れてきて なす術がなく 同じことを四年間繰り返され こちらの精神状態まで引きずられ振り回されていたので、今回の入院にこぎつけてラッキーでした
明日から、毎日パーティーしようかと思いましたが、娘が朝から晩まで土日も勉強しているのに、母親が飲んで騒いでじゃしかも、人間ドッグの結果が すこぶる悪かったので大人しく「開運掃除」と「模様替え」と「仕事」を一生懸命やる予定です
とにかく、くらーいマンション内の生活から解放されると思うと、朝から万々歳でニヤニヤしまくりですよ(爆)
このチャンスを大切にしてもらいたいですね。自分が一番辛いにしても、全て行動が受け身で自発的にセカンドオピニオンを求めず、私に甘えすぎていた事実を反省してこい!という感じですね。

しかし、「鬱病」と「双極性Ⅱ型」(躁鬱病)の違いは外来じゃ見分けがつきにくいそうです。
なぜなら、具合の悪いときにしか病院には受診しないため。
何はともあれ、元上司に感謝して適切な治療と、認知療法も取り入れた方がいいよ。頑固で融通がきかないのもネックだし、タバコスパスパ、コーヒー・ビールがぶ飲みの過ごし方は、これ以上続いたら「血の雨が降る事件」になってもおかしくないほど、私も怒り心頭でしたからね(^_^;)
あー、助かった。明日からは心穏やかに好きなことするぞぉ何事も、当事者しか分からないのよね。ウシシシ
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。