スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始末書の効力

2008-07-11 | 21:43

よく、何か失敗をしでかすと
会社で

「始末書書いてこい!」と言われるシーンなど
テレビで見聞きすると思いますが、

始末書ってのは、
・法的効力は全くないのです。

それで、
・ただの「重し→今後のための」の始末書か

きちんと、就業規則に基づき

第何条の何項の何に抵触していたから
始末書を命ずる となれば、

それは、懲戒の「譴責」で

「反省を促し、将来を戒める」主旨のものです。

この始末書。

大概の場合は、
「ここに、充分に注意し、再びこのような事がなきよう
誓います」という誓約で終わるのが、私のひな型では
殆どです。

そして、数ヶ月の猶予期間を記載したりして、
その間に改善がみられない場合は、その時の
状態を客観的に判断し、就業規則に基づく処分を下します

という、お返事を事業主から当事者に渡してもらう
形にしています。

解雇は、最後の最後の手段で、回避できる限りの
策を講じなければ、判例でも負けています。

但し、その始末書に、上司が、しかも初回の相手に
数ヶ月しか着任してから仕事を携わっておらず、

しかも、他人から見ても、そんなひどいものではない と

いうものの、上司が出せといえば、出すでしょう。

しかし、それを最後に

「今後、一切の処分を下されても異議申し立てを致しません」などと
強制するのは、

脅しによる 始末書提出なんて

公序良俗に反して無効です! 
また、社労士の小林先生の本にも
記載されていましたが、

大きな組織の場合、ずるがしこい上司の場合など

「これ書いたよね~。じゃあ、
どうすればいいかなぁ~」と

自主退職に 

密室で追い込まれるのが 
一番危険であるので、

その事実を、とにかく懲戒委員会や、
本社人事課などに

知らせないと、その上司の気分次第で、
消される可能性が

あるので、知らせておく必要があります
 と

書いてありました。

私も、そのとおりだと思います。

そりゃあ、オッサンが何回も飲酒
運転をしたとか、配達の時間に、健康ランドに行っていた
など

懲戒行為が重なれば別ですが、

密室で行われた行為、

しかも、本人が
「最後の一文だけは どうしてもかけません」と言ったら

書くまで、監禁したなんて

犯罪ですよ。これは、パワハラ以外の何物でも
ないでしょう。

でも、今の若者はICレコーダー持っていますからね。

証拠が残っていたりします。

ですから、これからは、組織で雇われている方も

安心せず、常にICレコーダーを
理不尽な何かを言い渡された場合のために、
常に持ち歩いておきましょう。

私たちも、助成金の申請に行く
天下りオヤジたちの不勉強のために、

いう事が違って書き直したり、出なおしたりで
トラブルの元なんで、私はしていませんが、

仕事をしないのではなくて、
ICレコーダーをもって、突きつけて、責任をとらせればいいんだよ
そいつに!

という社労仲間が多くて、ビックリ!

つくづく、自分の甘さを痛感させられました。

とにかく、恐ろしい世の中になってまいりました。

ぜひ、ご参考に。実話ですからね。(^^)
スポンサーサイト

Theme : 人事労務
Genre : ビジネス

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012-07-19 | 18:37 |
  • :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。