スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過労死認定がいまだに困難なのは残念です。

2008-10-17 | 21:20

今日は、非常に良い天気でしたにこ

まっ、私は 少し 
昨日 娘の鼻のレーザー手術の付き添いで
耳鼻科に付き合った際に、横の少女が

ゲホゲホゲホッ!!

と、咳き込んでいたのに、吸い込まれたのか(苦笑)

風邪をひいたみたいで、特に午前中は大変でした。

午後から夕方5時まで
マンションが断水となり、娘の塾弁も作ることが
できないので、実家に避難に行きました。

実家に行くまでに、コンビニがあるので、
必ず立ち寄って、これ買え あれ買えってのが
困ります(T_T)たった徒歩2分なのに・・・・。

さて、ネットで何気なくニュースを見ていたら

24歳の看護師さんが、過労死認定されていたことが
わかりました。

まだ、24歳ですよ。

本当に、看護師さんの仕事というのは、
配属される診療科にもよりますが、大方
若手が配属されるのは、激務が予想されるところでして、

この方も、25時間拘束の宿直を
数ヶ月の間に8回もこなしたり、月の残業時間は
100時間を超えていた というのですから、

過労死ストライクゾーン 真っ只中
いくら、人材不足とはいえ、病院側の

安全配慮義務違反 によって、引き起こされた

人災としか言えないでしょう。

監督署も、なかなか即 過労死=労災認定を
しない傾向が、まだまだ強いですね。

ご遺族の方は、大切な家族を亡くした上に
二重にも三重にも心が傷つくことになります。

また、以前 テレビを見ていて、
トラック運転手の方が、前の車が事故に遭い
その方を救出していたら、別の車にはねられて
死亡したのを労災と認めていなかったのも

誠に不本意!

じゃあ、見て見ぬふりするほうが
尊いのか!?と、憮然としておりましたが、

こちらも労災認定されたようで、そこに至るまでには、
相当 労働法に詳しい弁護士さんをつけて
ご遺族の信念の元に勝ち取ったもので、

そこまでしないと、認められないなんてのは
おかしいなぁ~と、感じますね。

また、過労死に
若いも、年配もないって事も感じますね。

というより、年配者は、要領が良いから
若い奴に どんどん仕事をふって逃げる傾向が
あるので、ある意味 一番 組織の中で
美味しい年代で、元気なのかもしれません。(爆)

まっ、よく 社労士講座の先生は

「社労士が過労死したら どないしてくれんねん!!」と

講義をされていましたが、

その社労士講座も、大手予備校からも
撤退の動きが強まっている資格となりました。

しかし!

某私立医大で研修医で
これまた息子さんが過労死された方の
職業は、

社労士
だったわけで、

「我々の資格も そんなバカにしたもんやおまへんで」
よくskypeで、仲の良い先生と話すので、

「まして、嫁さん社労士で、ダンナがメンタル系の
診断書が一時的にしても出たゆうたら、
滅多な扱いなんかでけへんよ」と、励まされ

うーーーーーん。だといいが。

と、思いをこめて、ひたすら まさかの時に
突っつかれないように、せっせと家事と食事に
体に鞭打って 気を遣っている やんやん なので あった。

やんやんの 苦悩は、何年経過しても つづく・・・・・。(明日は休日出勤らしい)絵文字名を入力してください


スポンサーサイト

Theme : 人事労務
Genre : ビジネス

Comment

自分のことは自分で守らないと誰も助けてくれない。
と、ぬるま湯といわれる組織にいて、事務屋の私が思うのですから、民間病院の看護師さんは大変なことになっていると思います。
責任感や正義感の強い方も多いでしょうし。

超過勤務に対する安全配慮義務、なんて見てみぬふりされてますよ~。
サービス残業が横行する世の中ですものねぇ。

私も平成18年度は超過勤務の平均が月88Hでしたが・・・生きててよかった(汗)
相方と両親には、私にもしものことがあったら監督署に訴えてくれ、と言っておりましたが、今のところ笑い話で済んでいます。

でも子供さんがいらっしゃると事業+主婦業で年中無休状態ですよね。
主婦業については労災保険もないし。
いろいろと横槍が入って難しいことと拝察いたしますが、どうぞお体大切になさってくださいませ。

  • 2008-10-20 | 17:44 |
  • おきく URL :
  • edit
人間は、最後は誰しも「おひとりさま」

子供が1人・・・でも、やってくれと言われる役割は、一通り一緒で、どこでもPTAの役員その他やってきました。(T_T)まっ、幸い良い人ばかりで、今は飲み仲間ですが。
おきくさんのところの残業時間も、半端じゃないですねぇ。今日の配偶者の給与には、さすが徹夜残業や休日出勤が加算されていましたわ。というより、いつも10時くらいのでも残業だと思うのに、上司に消されてしまうってのは恐ろしい職場ですよ。
他の課の若い子の分も、きちんと書き直しされて証拠隠蔽させていましたから。(なぜか取り寄せたFAXがある)(爆)色々どの企業も厳しい状況みたいですが、最初から悪意をもって残業代は一切払わないために、名ばかり管理職にするとか、正社員にしてやるかわりに、底抜けに代休なしで働けと言われている方も多く、そういう方には、ユニオンを紹介して撤回をして頂くようにご案内しています。それが、顧問先に出くわした場合は、私の場合は、発覚した時点で、しつこく社長に申し出て、改善なき場合は、切りますね。切りすぎて、気分もスッとしましたが、財布の中身もスッとしている今日このごろですが、何とか行書業務で食いつないでいます。っていうより、こっちを特化すべきかもしれませんな。あはは。

  • 2008-10-20 | 21:02 |
  • やんやん本人 URL :
  • edit
管理職の認識なんてこんなもん

「36協定なんて努力目標なんだから。
 罰則があるわけでもないし、本人には手当が入るんだし。
 イベント的な業務があったら時間外増えるのは当たり前だしなあ。」
折も折、さきほどうちの管理職がのたまいました(失笑)

おかげさまでウチの場合、ほとんど書いたとおり時間外手当ついてますが・・・現状ではお金より休みがほしいですねえ。
基本給だけでは生活がちょっとキビシイのに暇で残業できない、とぼやく友人(他業種)もおり、なかなかうまいこといかないものです。

悪意ある改ざんや「名ばかり」のことを思うと、恵まれていると思わざるを得ませんが、時間外はあって当たり前、という日本人の感覚はなかなか払拭されそうにないですねぇ。

  • 2008-10-21 | 17:20 |
  • おきく URL :
  • edit
コメントが消えてる!?

今、娘の鼻のレーザー手術から戻ってきましたが、結構痛かったそうです(;_;)
昨日、FC2さんがシステム障害が起きて「似たような内容のコメントが続く場合は削除に協力して下さい」とあったので消えてしまったようです。おきくさま、申し訳ないです。

  • 2008-10-24 | 13:19 |
  • やんやん本人 URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。