スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクハラは減ったとしても、パワハラはなくならないというのが私見!

2009-10-16 | 22:05

いやぁ、もう
ガタガタの体の中、

イベントのために、せっせと
開かない目を開けて、ツイッターで励ましあいながら
イベント準備にいそしんでいますが、

全く範囲もわからないし、
何より、体調が悪いと、気分も沈みがちになるので
「ドタキャン」を考えていると
連れにメールを流したら、何としても、
この1週間で体調回復だけに努めていこうという
方向性になり、体に鞭打って

薬を飲んで、寝ちゃって、起きて
イベント準備、また塾お迎えや韓国ドラマという
寸断され、集中できないまま

何とか、イベント準備に入っていますが、

悲しいかな

人間である以上、

■いじめは、どこでも必ずあります!

と、子供の世界でも言われてしまう現実の中

■セクハラは、軽減しても、
 バワハラは、なくならない

という結論に達しますね~。残念ながら。

社労士が、こんな事言うのもなんですけど、
精神科医も、セクハラ・パワハラともなくならないと
豪語しているそうですから。(苦笑)

パワハラの判例を見ると、

当事者は、自殺に追い込まれており、

あくまで、会社や加害者への
「損害賠償責任」を問うものや、
「会社の安全配慮義務違反」を訴えるもの

また、遺族が、業務起因を訴え
最初 監督署から認められなかった判決を
ひっくりかえさせるもの が、多く

家族を亡くなった悲しみと、
その家族の名誉を取り返す闘いのダブルパンチで
遺族の悲しさが、ヒシヒシと伝わり、

また、バワハラを行いやすい上司の例を見ると
「こういう奴、おったおった」と、昔を思い出すと、

フラッシュバックで怒り心頭となり、

イベント準備が中断してしまいます。

しかし、どうなろうと、

どんなに辛くても、自殺してはいけない
という事。

恨み節として、堂々と闘う方が、道が開けるし、
人生捨てたもんじゃないですよと言いたいですね。

パワハラの判例は、読んでいて、辛いですよ。
会社も、上司や、人事部は、人材がここまで追い詰められていた
また、追い詰められている、全国でも自殺者・メンタル休職者を山ほど
出している人間を、管理職においたら、どういう事になるか

責任を問われることを、肝に銘じて欲しいですね。

もっと言えば、医療機関に勤務している人間が
入院しましたよ と。

それで、その病院は電子カルテだったことから、
在職中の上司が、身に覚えがありすぎるために、
職責を利用して、そこ出身の部下を使って、カルテを盗み見させ

本人よりも、配偶者よりも、誰よりも、
検査の結果、明日の予定を、聞こえよがしに、
職場の真ん中で、でかい声で叫んでいました

という事を、きかされてみーな。

家族としては、病気の家族を抱えていれば
藁をもすがる思いで治療に全国どこへでも行きますよ。

それを、そんな事を率先して集団でする職場に
戻せますか?
入院先のモラルも疑います!!

と、ガンガンに闘って、その結末を聞いていませんが、
本人が、明らかに避けられて、害がなく配置転換もあり
楽しく過ごしている様子を見れば、

何らかの指導は、あったな。
まだまだ、上層部は、こいつほど、腐ってはいなかったと、
ホッとして、社内解決ができる場合もあります。

証拠をキチンと集めて、気を抜くことなく、
また、味方になってくれる人は誰かを
きちんと見定めた上で、人間関係を構築していかないと
組織勤務は危険です。

自分の身は、自分で守るものと覚えておきましょう。
どうしようもならくなった場合は、心身ともに消耗している
ケースが多いので、外部の専門カウンセラーや、医療機関の
力を借りて、気力を回復させてから、次の手を打って、人生の選択を
していきましょうね。

私見では、調子の良い奴
自分の都合の良いときだけ、深夜でも迷惑顧みず
電話をかけてくる奴 なんてのは、論外です。

もっと、重みのある人間との付き合いを大切にしていきましょう。

スポンサーサイト

Theme : 人事労務
Genre : ビジネス

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。