スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近日中に塀に落ちる社労士は誰だ?

2009-10-01 | 18:05

今日はさ~
月曜日・火曜日・水曜日と
天候も、今ひとつでしたが、内容が重い仕事
ばかりに奔走していましたので、結構精神的に
疲れていましたが、一息つこうと思ったら

なんと!!

マンションが断水でした。
その時間が1時~2時半まで と記載してあったので

同業者のK子さまに急遽連絡しましたら、
「今から、中安金の申請に行くので、またね~」と
返信が着たので

「いえいえ、こちらこそ、急にきづいてすみませんでした」との事で

1時までは家にいて、
そっから、車を出して、近所の店でランチをし、
スーパーによりましたら、いろいろ知り合いに会いましたわ。

銀行の前でも、連れに会い、いろいろ話を
聞きましたが、まあ、人生なるようになるわ~と

その人は、ライトな方なので、そんなもんかな~と。

それで、断水も終わり、
娘も早く帰宅する日だったので、美容院に行かせていたら、

そのK子さんから、
「中安金で、Tっていう社労士が、不正申請してて
20社以上にも及ぶから、もっと増えるかもしれないけど、
名簿みたうちの2人のうち、どっちだろう?
助成金がはやると、ろくなことないよね!」という
メールが届き、早速名簿を見ましたら

両方とも
「本人の希望により不掲載」ということで(苦笑)

顔の推測もできませんでしたが、

登録年度を見ると、ある程度新しい。

だからといって、めっちゃ若い男性?と期待すると
めっちゃ オッサンだったりするので、それはわからないけれども

考えられるとしたら、
■なんかのセミナーでかぶれて、はまった人 

■もともと、そういうグレーゾーンの仕事の好きな人

■合格後 右も左もわからない状態で、不安が先行し
 デカイ事務所に勤務したものの、ボスは自分でしたい
 仕事じゃないものをやらせるために、わざわざ合格者を 
 開業登録させて雇うのですからね。それで、逆らえず
 はまったか。

■それか、はじめは怖い兄ちゃんは出てこずに、
 自分でヤバイと思ったときには、ぬけられなくなっていた 
 ○暴がらみのペーパカンパニーはまったか?という

推測が飛んで、

「どうせ、また本会から、社労士のモラル向上を」とか
チラシがくるんだろうね と話していましたが、

これは、社労士のモラル向上云々より、

社労士ってのは、
企業規模によって、必要と思ってもらえるか否かは
別として、人事労務というか、セクハラ・パワハラ相談
でもいいわ、マネジメントでもいいよね?

要するに、もっとコアな社労士にしかできない仕事ってのが
あるはずなのに、

ほとんどの人間が、
「助成金、助成金」とわめき、
ブラックカンパニーであっても、
「それを、通すようにするのが
てめえらの仕事だろう?」とか、ほかにも
脱法行為をしていながら、同じような事を抜かす

いわば

雑用係と、思われているところに問題があるんだよ。
だから、助成金が悪くない
バラマキが悪くないというのなら、

会社の事業主が一番、自分の会社のことを
知っているんだから、社労士に依頼せず、
事業主自らの申請の会社のみ審査に回すとかね。

国も、考えないと。

社労士の地位が低いのは、

たとえば、税理士さんとは扱っている業務が
違うにしろ、たとえば、国税を滞納したら、
地方の税務署じゃラチがあかなければ、
東京の国税局が乗り込んで、悪質会社は
年利もとって、とりっぱぐれがないように
乗り込むでしょ?

テレビでも、悪徳社長の脱税を見逃さず
ガサ入れしてるじゃない?

だから、お金にかかわることだし
一目置かれるんですよ。なめたら怖いとね。

でも、社労士の場合は
官公庁も「いえ、そこまでは・・・」とか

顧問社労士に支払義務は
SR関係ですと、「返済計画書」を添付したり
ある程度の責任はあるけど、ないはずなのに

「先生に言って頂くとありがたいんですが~」とか
言っている。

乗り込んで調査するという気迫がまったくない。

総勘定元帳と照らし合わせててでも、
不正を暴いて、とるものはとる 

というような、ガッツがない。

だから、必然的に、われわれも
なめられて然るべきですよ。

と、怒りは続きますが、
塀に落ちる社労士。Tのうちのどっちなんだろう?

こういうとき、私の場合は、九分九厘
旧姓でしたら、多かったけど、今の名字だと
かぶらないから、注意しないとね!
スポンサーサイト

Theme : 社会保険労務士
Genre : ビジネス

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。