スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低賃金法の改正をUPしました。

2008-07-31 | 17:40

夏休みに入りましたら、何かと忙しく
また、体調を思いっきり崩して大変でしたが、

もともと、そこそこ体が丈夫なのか
今日は、アクアビクスに行くまで復活できたので、
何とか持ちこたえられそうです。(^^)

やっぱり、夏バテなのかなぁ。

環境を変えないと根治しないな。こりゃ。

HPの本体のほうは、

WEBの先生に無理をお願いして、随時UPして
頂いておりますが、自分のページに法改正などを
UPしなければならないのを、さぼっておりましたので、
今 しておきました。
こちらです。

お時間ある時にでも、またご覧になって頂ければ
幸いです。

中小・零細企業の方や、パートタイマーの多い方しか
お役にたてない内容かもしれませんが。

では、娘が2泊3日の野外学習センターから
戻ってきましたので、私も少し早めに切り上げます。
スポンサーサイト

Theme : 人事労務
Genre : ビジネス

これに手を染めたら、やっぱりオシマイでしょう。

2008-07-21 | 14:11

いやぁ、先週は1週間

ストレスによる突発性難聴!? というものに

右耳が火曜日からなりまして、よく こういう症状になる方はいると

聞いてはいたので、慌てて耳鼻科に駆け込んで

ドクターの

「最低限 しなくてはならない仕事以外はしないで、
静養するように」との指示を守ったつもりですが、

なかなか、主婦は それさえも許してもらえず、

なんだかなぁ~、あたしって、タイミングの悪い女だなぁ~

夏休みになっちっゃたし・・・。とブツブツ思いながら

薬を服用していたら、何とか聞こえ方が戻ってきました。

来週からは、娘も、毎日夏期講習ですから、

送迎は大変になりますが、その間は自由時間に

なりますので、模様替えをしたり、読書をしたり、

少し「自分のために今後を考える」生活をしてみようと思います。

さてさて、

税理士さんには、「税務調査」

我々、社労士には、
社会保険事務所や監督署からの調査が、不定期にあります。

別に、悪い事に手を染める必要もなく、

「ありのままをもっていく」という先生も多い中

特に、社保事務所の調査の場合は、

毎月や半年(従業員が10人未満のところは年に2回)の

「源泉の納付書」と、「社会保険に加入している人間の誤差」を

ついて、その差額を 未加入者の数でわって、

扶養やアルバイトと呼ばれる範囲でおさまる額か否かを

徹底的につくのが、仕事です。

だからこそ、会社が大きくなったり、実際、フルタイムで

働かせていれば、各種保険は入らなければ、その事業主が

罰せられるので、

有名になったのなら

社会的責任も果たすべきだと思いますが、

いかがでしょうか?

と、さすが、提携先の会計士さんは、仰いました。

そうです。

我々の士業仲間には、

「いちいち、派遣業の時も同じだけど、鬱陶しいからさ~

納付書を2枚にわけてもらえばいいんだよ。

税務署は、税金を納付してもらえれば2枚でも3枚でも

構わないから、税理士にお願いして、

保険加入者と完全短時間者 と、

表に出せない未加入者

と、わけておけば、調査の時も、総勘定元帳まで持参しろとは

言わないから、楽で悩まなくてすむよ~ と言われ

事あるごとに、同業者に聞いているのですが、

「それって、めっちゃブラックちゃうの?」と一蹴される方が

私のまわりは多いですね。

もちろん、私も手を染めたことはありませんし、

提携先の会計士さんも、上記のポリシーで、そういう事は

所員にさせたくない との事でしたから、

細く長く この商売を続けるには、超えてはならないラインが

あるんだなぁ と、痛感しました。

では、今から 私は飲み会なので(苦笑)

もう、病気ばっかりで、やっとの復活だよ。勘弁してくれよ。

娘の野外教室の荷造りも、すんごく大変だし・・・。

もっとも、自分の準備を自分でできない子供に育てている

私が悪いわけで・・・・。でも、少しは焦りというものがあってもいいかなと。(鬱)

Theme : 会計・税務 / 税理士
Genre : ビジネス

始末書の効力

2008-07-11 | 21:43

よく、何か失敗をしでかすと
会社で

「始末書書いてこい!」と言われるシーンなど
テレビで見聞きすると思いますが、

始末書ってのは、
・法的効力は全くないのです。

それで、
・ただの「重し→今後のための」の始末書か

きちんと、就業規則に基づき

第何条の何項の何に抵触していたから
始末書を命ずる となれば、

それは、懲戒の「譴責」で

「反省を促し、将来を戒める」主旨のものです。

この始末書。

大概の場合は、
「ここに、充分に注意し、再びこのような事がなきよう
誓います」という誓約で終わるのが、私のひな型では
殆どです。

そして、数ヶ月の猶予期間を記載したりして、
その間に改善がみられない場合は、その時の
状態を客観的に判断し、就業規則に基づく処分を下します

という、お返事を事業主から当事者に渡してもらう
形にしています。

解雇は、最後の最後の手段で、回避できる限りの
策を講じなければ、判例でも負けています。

但し、その始末書に、上司が、しかも初回の相手に
数ヶ月しか着任してから仕事を携わっておらず、

しかも、他人から見ても、そんなひどいものではない と

いうものの、上司が出せといえば、出すでしょう。

しかし、それを最後に

「今後、一切の処分を下されても異議申し立てを致しません」などと
強制するのは、

脅しによる 始末書提出なんて

公序良俗に反して無効です! 
また、社労士の小林先生の本にも
記載されていましたが、

大きな組織の場合、ずるがしこい上司の場合など

「これ書いたよね~。じゃあ、
どうすればいいかなぁ~」と

自主退職に 

密室で追い込まれるのが 
一番危険であるので、

その事実を、とにかく懲戒委員会や、
本社人事課などに

知らせないと、その上司の気分次第で、
消される可能性が

あるので、知らせておく必要があります
 と

書いてありました。

私も、そのとおりだと思います。

そりゃあ、オッサンが何回も飲酒
運転をしたとか、配達の時間に、健康ランドに行っていた
など

懲戒行為が重なれば別ですが、

密室で行われた行為、

しかも、本人が
「最後の一文だけは どうしてもかけません」と言ったら

書くまで、監禁したなんて

犯罪ですよ。これは、パワハラ以外の何物でも
ないでしょう。

でも、今の若者はICレコーダー持っていますからね。

証拠が残っていたりします。

ですから、これからは、組織で雇われている方も

安心せず、常にICレコーダーを
理不尽な何かを言い渡された場合のために、
常に持ち歩いておきましょう。

私たちも、助成金の申請に行く
天下りオヤジたちの不勉強のために、

いう事が違って書き直したり、出なおしたりで
トラブルの元なんで、私はしていませんが、

仕事をしないのではなくて、
ICレコーダーをもって、突きつけて、責任をとらせればいいんだよ
そいつに!

という社労仲間が多くて、ビックリ!

つくづく、自分の甘さを痛感させられました。

とにかく、恐ろしい世の中になってまいりました。

ぜひ、ご参考に。実話ですからね。(^^)

Theme : 人事労務
Genre : ビジネス

上司とソリがあわない時は・・・。

2008-07-07 | 15:44

一般的に、組織というものは、4月に大規模な人事異動を行い、

そして、最近では、一気に動くと現場が混乱するという事で

どこの会社さんも、

7月に1部分

11月に1部分

というような形の人事異動をしているようです。

私の中学時代の友人も、4月に上司が変わったら

突然 方針も変わり、求められるハードルも事柄も変わってしまい

非常に悩んでいました。

とても、とても、悩んだメールが届いて

「やっぱり、我々の年代は大変だなぁ」と思ったものです。

部下も組織にいると、できてきますから、そのために

頭を下げる必要性も出てきますからね。

しかし!

この7月1日付の異動で、2人自分の事を知っている

上司が来て、気分は上々で状況が好転したと喜びのメールに

変わっていました。

「それは、良かった」と。(^^)

誰でも、苦虫をつぶした顔で働くよりは、
楽しく働きたいものです。

つまり、結論から言いますと、組織で勤務している以上

■上司が変われば方針も変わる と。

■また、その上司も永久にいるわけではなく、
数年で出て行くと
思えば、その間は、ハイハイと暮らしていくしかないと。


■嫌いなら嫌いでよいので、その人の
 「人格」を否定するのではなく「行為」を否定する。

 また、部下への叱り方も「行為」を叱る という事を徹底すること。


■職場のトラブル110番 もどき専門書も、仕事柄ありまして、
 昨日、今日と判例を含めて熟読していますが、

どんなに騒いだところで、余程の「事件」で新聞に掲載される
ようなことではない限り、「和解金」数十万円がいいところですよ。

悔しい気持ち、やりきれない気持ち、そりゃあ、人が沢山いれば
良い人も沢山いるかもしれませんが、「俺はあいつがいなくなったら
殿様だよ。殿と呼べ」なんて、恥ずかしくて、この人、立場上

よく言えるなぁと、いう人も本当に50代で実在します。

でも、その人の「おかしさ」は、誰に対しても同じなので
皆さん知ってますから、いつか落とし穴が こちらがあくせくしなくても
用意されていて、落っこちる日がくるようになっています。

ですから、皆さん 色々あると思いますが、

給料未払い・サービス残業が、酷すぎて生活ができないという
レベルじゃなければ、明けない朝はない と信じて、

事を荒立てないように、お勤めして、その人の良い部分も見つける
努力をしていけば、気持ちに余裕もでるのかなぁと思います。

世の中のお父さん、お母さん方、頑張りましょう(^^)

Theme : 人事労務
Genre : ビジネス

保険者算定、ほとんどないそうな。

2008-07-04 | 15:40

いやぁ、今日は大変暑いですね絵文字名を入力してください

朝から、まず第一弾として

2件の顧問先に印鑑を頂きにあがり、

よしっ!

憂さ晴らしに ジムにでも行こうと時間に間に合ったのですが、

肝心の水着がなくって(T_T)スゴスゴと帰ってまいりました。

まあ、こんなもんだわ。

さて、今、社労士にとっては、
(社労士じゃなくても、社会保険・厚生年金に加入している会社さんなら)

算定基礎届→いわゆる 定時決定 の書類作成の時期なのですが

お忙しいのか、何なのか、社長と連絡がつかない会社さんが
ありまして、それで、社会保険事務所に相談したところ、

・私の理由書(何度か、アポをとろうと電話もしてもつながらず、
 信用のできる親戚の方に依頼しても、ダメだったというもの)と

・税理士事務所発行の20.1~6月までの賃金の総額が分かる
 源泉徴収簿を全被保険者の分を添付して頂ければ
 印鑑ナシでも認めます って言うのさ。
けれども、

説明書には、「記名押印 または 自署」となっているので、
事務員さんが記載しようが、社長が記載しようが、わからないので、
全く問題なく受けつけてくれるから、悩む必要ないやん

と、東京 と 大阪 の社労士たちは、のたまい、
「あたしやったら、保険者算定に持ち込むね!」との事で、

私も、それしかないとは思っていたので、
心の中で、社労士がここまで尻拭い的な事をする必要は
ないのではなかろうか?と思い、

「保険者算定」お任せします と、添付書きでもしよっかなぁ~と

思いきや、

名古屋では、実務上 
殆ど とりあってくれないそうです。(T_T)→地元の別の友人の去年の話。

まあ、いいわ。何とでもなる。データに間違いはないのだから。

(その税理士事務所発行の源泉徴収簿が、
通勤手当その他全額込ってのも、退職者の方が
明細を送ってくださって照らし合わせてみると、一致しているってのも
おかしな話ですよね。税額上は。

大きな事務所さんだと、内訳も出してくれない会社さんの
場合、できる事は、渡されたものを入力し、私からの社会保険料控除を
入力して、税金をはじき出すしか、仕方がないのかもしれません。)

かえって、細かくなくって、私には好都合になりそうですが、

ここまで労力がかかるってのも
おかしな話だし、かといって、他のお客様の書類とともに
取り寄せたわけだから、私の今後のためにも

対 役所への信頼失墜 につながりかねないので、
ここで、放り出すわけにはいかないのであります。トホホホホ。

「保険者算定」
健康保険法 第44条

報酬月額が、資格取得時決定、定時決定または
随時改訂の方法によっては、算定することが困難であったり、算定した結果が
著しく不当であるときには、これらの方法のよらずに、
保険者が報酬月額を算定して、報酬月額を決定する。

ご参考までに♪

Theme : 人事労務
Genre : ビジネス

人をモノとしか思わない会社は衰退します!

2008-07-02 | 21:12

今日から、こちらで、
「みねがき労務管理事務所の日常雑記帳」と題し
日々 何かしら問題を見聞きするので、少しでも

同業者の方々、一般の方々問わず、癒しやためになればなぁと
思い、開設することにしましたので、宜しくお願い申し上げます。

そうですね~。今日は、早いもので
もう7月に突入しました。

今年も、半分を切ったという事になります。

さて、社会人の方は、色々な面で

我慢しなくてはならないこと

沢山あると思います。

けれども、労働者は、どうしても事業主よりは
弱い立場なので
「労働基準法」をはじめ、労働法・社会保険法各種で
守られています。

あんまり、自分が勤務している会社の労働時間の長さが
尋常じゃない

つまり、最近 よく話題になっているサービス残業や

「名ばかり管理職」にして、残業未払いとか、

職人さんの稼業に多いのですが
(仏壇屋さんとか、生花店、日本料理店など)

「修行させてやってるんだよ」と平気で

朝から晩まで休みなく、酷使する会社は、今でも

沢山あります。

それは、どうしてか?というと、

事業主があなたを「人」ではなく
「モノ」としか思っていないから、できる行為なんです。

私は、この技術を身につけるまで「モノ」でいいわ

と、仰るなら それも良いでしょう。労使合意されていればね。

けれども、そうじゃない場合。

自分は、いやだと思っている場合は、きちんと会社に申し出ましょう。

もっとも、そういう事を行っても、平然と
当社には問題はない という事業主さんばかりです。

となれば、次を考えるしかないです。

だから、最初の就職先が大切なんですね。

大きな会社に最初は勤務したほうが、転職の際有利です。

また、どうしても理不尽だと感じた時には、

会社の管轄の労働基準監督署に相談に行きましょう。やめる覚悟でね。

1度きりの人生ですもの。

自分を大切に暮らしていきましょうね。(^^)

また、そういう「人」を大切にしない会社は、
いつか必ず衰退しますから。売上が高いときは鼻息あらいんですがね。
そういう会社さんは・・・・。(苦笑)

Theme : 人事労務
Genre : ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。